イメージ画像

自宅にいてもできることはたくさん。

ボランティアというと、手助けが必要な人の所へ行って活動しなければいけないと思うかもしれませんが、自宅に居ながらできるものもあります。


ダミー画像

■不用品を送る

自宅で不要になった物でも、それを必要とする所に送れば喜ばれることがあります。
着なくなった衣類や靴を途上国に送ると、着用してもらえたりします。

国内でも、使用済みの切手やプリペイドカードなどは、これらを収集している団体に送ると喜ばれます。

他にも、使わなくなった学用品やメガネ、使いきれない調味料や缶詰など、意外な物を集めている団体が結構あります。

捨てる前に、「寄付できないかな?」と考えて、情報を探してみるといいですよ。


■募金

一般の人からの募金を受け付けている団体や、災害復興のためなど、お金を必要としているところはたくさんあります。

怪しい団体に間違って寄付してしまわないよう、募金先の団体をチェックしてから送金しましょう。


■翻訳ボランティア

外国語ができる人限定になってしまいますが、英語を始めとする各言語で、翻訳のニーズは意外とあります。


■自宅の空き部屋を提供

災害などで避難しなければならない人が多数いる場合など、自宅の空き部屋などを提供すると役立つことがあります。
ただ、入居した人とトラブルにならないよう、プライバシーの配慮なども必要です。


このページの先頭へ